アトピー 皮膚の下痢

MENU

アトピーは皮膚の下痢!?考えられる様々な原因とは?

アトピーの原因について

 

アトピーの患者さんは、非常に多いものです。

 

小さい頃、クラスに一人か二人は、
アトピー性皮膚炎で悩まされている方がおられたかもしれません。

 

アトピー性皮膚炎は、とても身近な皮膚の病気です。

 

アレルギーを起こしやすい体質の人は、
アトピー性皮膚炎にかかりやすい
ようです。

 

また、皮膚の表面をバリアする機能が弱くなっている人に
多く見られる、皮膚の炎症を起こす病気なんです。

 

かゆみや湿疹、赤み、ただれなどが主な症状で、
慢性的かつ治しにくい事が特徴です。

 

大人にも増えている

 

アトピーの原因について

 

アトピー性皮膚炎になる原因は、様々です。

 

赤ちゃんや子供に多い病気でしたが、
最近では大人でアトピーに悩まされている方も、
とても増えています。

 

アトピー性皮膚炎に関して、アトピーは皮膚の下痢だ!
というような表現を使う方も増えています。

 

それで、今回の記事ではアトピー性皮膚炎を引き起こす
原因として考えられる事柄について、
また皮膚の下痢という表現について、調べてまとめてみました。

 

辛いかゆみや湿疹で悩んでおられる方や、ご家族の方は、
是非参考にしてみて下さい。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

アトピーの原因とは?

 

アトピーの原因について

 

あらゆる刺激が悪化の原因となる

 

 

では、考えられる原因には何があるでしょうか?

 

もともとアレルギー起こしやすい体質の人や、
皮膚の表面をバリアする機能が弱い人は、
アトピー性皮膚炎にかかりやすいと言われています。

 

そのようなもともとの体質に加え、食べ物やカビ、汚れた空気、
石鹸などに含まれている化学成分などが刺激となり、
悪化
するとも言われています。

 

皮膚の下痢

 

皮膚科の医師の中には、これらを皮膚の下痢という方がいます。

 

それは、体に溜まってしまった毒を、皮膚から排出している
というような意味があります。

 

そのような毒素を体から出したいがゆえに湿疹がおき、
皮膚から液体を出すことで、毒素を排出している、
つまり皮膚の下痢
というわけです。

 

体の中に毒素が溜まっていることが、
アトピーの原因だということです。

 

ですがこの表現は、とても前向きな考え方でもあります。

 

皮膚の下痢は慢性的な病気ではなく、一つの症状なので
治すことができる、という考え方にもつながってくるからです。

 

皮膚の表面から、体に入ってきた毒を出すように、
体が働いているだけです。

 

それで、体に毒をためないようにして、
刺激の原因を減らすことで、症状が改善できるかもしれません。