アトピー 内臓冷え

MENU

なかなか改善しないアトピーの原因は、内臓の冷えだった!?

アトピーの原因について

 

大人や子供にかかわらず、様々な皮膚トラブルで
悩まされている方は少なくありません。

 

年々患者数が増加傾向にあり、問題視されている病気の一つに、
アトピー性皮膚炎があります。

 

アトピーの原因とは?

 

アトピーの原因について

 

アトピーになりやすい方は、アレルギー体質の人や
皮膚のバリア機能が低下している人などです。

 

原因は様々ですが、多くの場合、ステロイドや免疫系の
コントロールを行う治療が行われています。

 

そのような病院で行う治療の他にも、
外部からの刺激を減らすことや内側からのケアにも、
最近注目が集まっています。

 

このような皮膚の症状は、様々なハウスダストや物理的刺激、
紫外線や汗などの刺激により、悪化してしまいます。

 

遺伝だけではない!

 

アトピーの原因について

 

また、以前から、アトピーやアレルギー体質は
子供に遺伝しやすいと言われています。

 

しかし、それには確実な根拠はなく、
全く遺伝していないというケースもあります。

 

ですから、原因となりうる事柄について知り、
それに対する対策を行うことで、アトピーの予防や改善は
誰にでもできる、というわけです。

 

アトピーの原因としてあげられることの1つに、
近年、内臓の冷えが挙げられるようになりました。

 

内臓の冷えとアトピーには、どのような関係があるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

なかなか改善しないアトピーの辛い症状で悩んでおられる方は、
是非参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

内臓の冷えがアトピーの原因!?

 

アトピーの原因について

 

冷え万病のもと

 

冷えは万病のもとと言いますが、
内臓の冷えがアトピーの原因だったなんて、
知らない人の方が多いかもしれません。

 

しかし、実はこれには正確な根拠があるんです。

 

アトピーは、体の中に溜まった毒素を皮膚から排泄している
という症状
です。

 

それで、毒素を体に溜めないことが、
アトピーの症状を軽減したり、予防するのにとても効果的です。

 

内臓の冷えは新陳代謝を低下させる

 

体の毒素を増やしてしまう原因として、
体の新陳代謝が悪いということをあげられます。

 

ここで、内臓の冷えが関係してくるというわけです。

 

通常、体の中は37度以上に保たれていなければ、
新陳代謝は低下します。

 

現代人は低体温の方が多く、またアトピーの人も
低体温の方が多いようです。

 

内臓が冷えてしまうと、体温が低下し、新陳代謝が低下する、
結果として体内の毒素がうまく排出されなくなり、
アレルギー症状が悪化する原因となる
、というわけです。