アトピー 食べ物

MENU

アトピーを、悪化させてしまう原因となる食べ物とは?

アトピーの原因について

 

通称アトピー、正確にはアトピー性皮膚炎という
皮膚の病気で悩まされている方は、少なくありません。

 

内側からのケアも大切

 

アトピーを悪化させる原因ともなるものの中の1つに、
食べ物があります。

 

アトピー性皮膚炎の方は、
とても食事には気を使っておられる方が多いんです。

 

どのような食べ物は、特にアトピーを悪化させる
原因となるのでしょうか?

 

また、反対にどのような食材や食品を積極的にとると、
改善が期待できるのでしょうか?

 

今回この記事では、アトピーに良い食べ物と悪い食べ物について、
調べてまとめてみました。

 

内側からのケアを始めたい!と思っておられる方は、
是非参考にしてみて下さい。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

アトピーの原因となる食べ物

 

アトピーの原因について

 

植物油

 

植物油とは、身近に私たちの周りにある、ごま油や米ヌカ油、
ごま油などの植物からとれた油のことです。

 

これらには、多くのリノール酸という成分が含まれています。

 

このリノール酸という成分をたっぷりと含んでいる植物油は、
アトピーの原因となる食べ物の代表です。

 

これらは、体をアレルギー体質に変えてしまう働きがあります。

 

体に溜まって行くと、いずれアレルギー体質となってしまいます。

 

必要以上に摂取しすぎたこのような食べ物が溢れ出すことで、
アトピーの発症、また悪化の原因となるのです。

 

このような食べ物の摂取を控えることで、
アトピーの症状が改善されたという例があるようなので、
原因としてしっかりとした証拠もあるものといえます。

 

また、リノール酸はアレルギー体質に良くないだけでなく、
生活習慣病の原因にもなると言われているので、
過剰な摂取は控えた方が良いでしょう。

 

オリーブオイルなどが、健康的と人気が高まっています。

 

脂肪と糖

 

また、脂肪と糖はリノール酸を含んでいるということだけでなく、
内臓系の働きが低下してしまうため、
アレルギーが体質がより悪化すると言われています。

 

特に、上白糖などはアトピーの原因となると言われていますので、
オリゴ糖やきび砂糖など自然に近い糖分を、
摂取するのがおすすめです。

 

アトピーに良い食べ物

 

アトピーの原因について

 

お味噌汁

 

日本人のソウルフードとも入れるお味噌汁は、
体に良い酵素や乳酸菌がたっぷりと含まれています。

 

腸内のバランスを整える事は、
肌の調子を整えることにもつながります。

 

善玉菌を増やすことができるので、アトピーの原因となっている
アレルギー物質と戦える体が作られていくというわけです。